1. カマグラゼリー通販の暴露話   >  
  2. 副作用の確率9割

副作用の確率9割

副作用

バイアグラと同じ有効成分を持つカマグラゼリーには、服用する事でEDに効果がある一方で、副作用も存在します。またこの副作用の発症は珍しい事ではなく、バイアグラ系のED治療薬を服用するとほとんどの方に副作用が出ています。その確率は実に9割以上であり、カマグラゼリーも服用する際には副作用はつきものと考える方がよいでしょう。

このカマグラゼリーの副作用は大小ありますが、まとめていきたいと思います。カマグラゼリーの効果により、血管の拡張作用があるため血流が良くなり勃起しやすくなりますが、この血管の拡張作用はペニスだけではなく身体全身に影響するため、その影響を受けて副作用が出ます。

まず一番多く報告されている症状の1つはめまいです。その次に、顔のほてりや頭痛に続きます。また鼻づまりや動悸、消化不良や充血などがあげられます。

まめいは血管の拡張作用により血流が良くなるため、血圧が急激に下がることから発症します。頭痛は血管の拡張作用により脳内の血管が拡張し拍動が周りの神経にも伝わり刺激されることで発症します。

これらの副作用は個人により多少の違いがあるものの、ほとんどの副作用は主作用が薄れていくと同時に薄れていき、主作用の効果が切れる時は副作用も一緒に切れます。

上記の副作用のほとんどはそれほど強いものではなく、性行為に支障をきたすほどの強さはありません。

また、カマグラゼリーを服用した方の中には副作用が出ることで効果が出ていると副作用が目印にしている方もいるほどですので、副作用がでたからと言ってもそれほど深刻に考える必要はないでしょう。